シュートリー・シューキーパー

シュートリーの使い方

みなさまこんばんは。

本日のお題はシュートリーの使い方。



シュートリーは靴にとってハンガーのようなもの。
d0166598_20241066.jpg

d0166598_20242798.jpg

型崩れを防ぐためにも、靴を脱いだ後は必ずシュートリーをセットして靴を休ませてください。


今回はバネ式・ツインチューブのサルトレカミエSR200BH(一番上の画像)を、ペルフェットのPF2025にセットする方法を順を追ってご紹介していきます。



さて、脱いだ後の靴はこのような状態ですね。(画像は新品の靴ですが…)
d0166598_20194458.jpg

靴は無理やり脱がずに、しっかり紐をほどいてあげましょう。



早速シュートリーをセット…する前に除湿剤のヒノキドライを使います。
d0166598_20222763.jpg

d0166598_20233196.jpg

この状態で一晩おけば、しっかり除湿できます。

シュートリーにも除湿性能はありますが、やはり湿気を取るには除湿剤がいちばんです。



それではシュートリーをセットします。
d0166598_2026364.jpg



ここでポイントです!

下の画像のように、シュートリーを外側に傾けた状態で滑り込ませるとスムーズに靴にセットできます。
d0166598_20284219.jpg



先端を滑り込ませて、
d0166598_2029254.jpg


シュートリーのかかと部分を押し込みます。
d0166598_20302825.jpg


最後に親指でシュートリーの先端部分をグッと押し込みます。(それほど力を入れる必要はありません。)
d0166598_2032375.jpg



これでセット完了。
d0166598_2033112.jpg

形状がしっかり合ったシュートリーなら、靴に入れっぱなしにしておいても問題はありません。

是非この流れでシュートリーを上手に活用してください!






R&Dシューケアマイスターfacebook始めました!
by ikeseirandd | 2013-02-25 20:43 | シュートリー・シューキーパー

靴/ブーツ(メンズ・レディス)・バッグ・鞄・革製品のお手入れ&修理工房 スタッフブログ 池袋西武5F紳士靴売場内


by ikeseirandd