シュートリー・シューキーパー

リーガルで検証 その2

みなさまこんばんは。

本日は2013年、2回目のシュートリーの相性検証です。



今回のターゲットはこちら。
d0166598_2325682.jpg

d0166598_23252681.jpg

REGAL(リーガル)の25ARというモデルです。


このモデルはスクラッチタフレザーという革を部分的に使っています。
d0166598_2327523.jpg

d0166598_23272493.jpg

傷がつきにくい特殊な革で、つま先やかかと周りの傷が入りやすい部分にこのレザーが使われています。



さて、特殊な革を使っていてもシュートリーの選び方はいつもと同じです。



靴との形状が近い、
d0166598_2330790.jpg

d0166598_2332525.jpg

d0166598_23322788.jpg

サルトレカミエ・SR200CR(税込¥6300)でトライです。



チェックポイントの3箇所はどうでしょうか?

履きジワの入る部分。
d0166598_23371691.jpg


履き口の収まり。
d0166598_2338212.jpg


甲の立ち上がり部分。
d0166598_2339447.jpg

どれも合格点です!



チェックポイントはそれぞれ、

・履きジワの入る部分→隙間なく入っているか?(指で押してシワが入らなければOKです。)

・履き口の収まり→履き口がきれいな楕円形になっているか?

・甲の立ち上がり部分→できるだけ高い位置(ベロの辺り)まで隙間なく入っているのが理想です。

シュートリー選びの際にはこの3つを確認してみてください。


ちなみに今回の検証はリーガル25ARのサイズ25.5にサルトレカミエ・SR200CRのサイズ41でジャストでした。






R&Dシューケアマイスターfacebook始めました!
by ikeseirandd | 2013-01-05 23:53 | シュートリー・シューキーパー

靴/ブーツ(メンズ・レディス)・バッグ・鞄・革製品のお手入れ&修理工房 スタッフブログ 池袋西武5F紳士靴売場内


by ikeseirandd