アンティーク仕上げ

今日も暑い一日でしたね。こんな暑い日が続くと黒い靴より、ちょっと鮮やかな色の靴を軽快に履きたい…と思うことがあります。

しかしあまり明るい茶靴は私にはちょっと抵抗があるので、今日はこんな感じで履いています。
d0166598_20154116.jpg

もともとは全体がライトブラウンの靴だったのですが、つま先や穴飾りの部分にだけダークブラウンのクリームを入れています。いわゆる靴のアンティーク仕上げです。


このアンティーク仕上げ、難しいことはまったくありません。

色を濃くしたい部分に、ペネトレイトブラシで色を入れるだけ。ただし、いきなり濃い色のクリームを大量に使うときれいに仕上がらないので、ごくごく少量のクリームをペネトレイトブラシになじませて少しずつすりこんでいきます。

M.モゥブレィ・シュークリームジャーは特に茶系の色味が素晴らしく、色もキレイに入ります。
d0166598_20213572.jpg



「アンティーク仕上げは興味があるけど、自分でやるのはちょっと抵抗が…」というお客様は是非当工房に遊びに来て下さい。しっかりレクチャーさせていただきますよ!
by ikeseirandd | 2010-08-07 20:27

靴/ブーツ(メンズ・レディス)・バッグ・鞄・革製品のお手入れ&修理工房 スタッフブログ 池袋西武5F紳士靴売場内


by ikeseirandd