サドルソープの使い方

梅雨が明けてから靴クリーニングのお問い合わせが増えています。確かにこの梅雨で雨染みができたり、塩浮き(靴の表面に白っぽい汚れが出る現象)が出てしまったという方は多いと思います。

もちろん工房にお預けいただければ私達がクリーニングをいたしますが、工房で行っているクリーニングはご自宅でも実践できるものです。



ということで本日はそんな自宅でのクリーニングの行い方(サドルソープの使い方)をご紹介したいと思います。
d0166598_18472728.jpg

(向かって左がM.モゥブレィ・サドルソープ、向かって右がクリーニングスポンジです)


今回クリーニングするのはこちらの靴。
d0166598_18431588.jpg

①まずは靴を洗う前の下準備としてステインリムーバーで古いクリームなどを除去します。(ステインリムーバーの使い方はコチラ
②靴を洗っていきます。バケツに水をはって、クリーニングスポンジに水を含ませながら靴全体を濡らしていきます。靴を洗う際にもっとも大切なのがこの靴に水を入れる工程です。つま先やかかと部分は水が入りにくいですが、そこはスポンジを押し付けながら根気強く水を入れていきます。片足で20分近くかかることもありますので、靴クリーニングは時間があるときに行うことをおススメします。
d0166598_19141840.jpg

③スポンジに水をある程度含ませた状態でサドルソープをつけます。
d0166598_19193311.jpg

④サドルソープをしっかり泡立てて、靴全体を洗います。
d0166598_19203452.jpg

⑤靴についた泡を、良くしぼったスポンジで軽く拭き取ります。ここでのコツはあくまでも「軽く拭き取る」ということです。サドルソープで洗うことによって靴には油分が入るため、せっかく入った油分を完全に除去しないようにしましょう。目安は靴の表面を触った時に軽くぬめりがある程度です。
⑥最後にキーパーで形を整えて、陰干しします。このとき靴のつま先を上げた状態で乾かすと、ソールもしっかり乾燥させることができます。
d0166598_19241399.jpg


以上がサドルソープの使い方です。靴が完全に乾燥したらクリームを全体に塗って、ブラッシングをすれば完成です。

クリーニングは多少時間と手間がかかるものの、特別難しいことをしているわけではありません。興味のある方は是非ご自宅で靴をクリーニングしてみてください!



M.モゥブレィ・サドルソープ ¥840(税込)
クリーニングスポンジ ¥315(税込)
by ikeseirandd | 2010-08-01 19:54

靴/ブーツ(メンズ・レディス)・バッグ・鞄・革製品のお手入れ&修理工房 スタッフブログ 池袋西武5F紳士靴売場内


by ikeseirandd