ブラシのお手入れ?

以前ご紹介しましたペネトレイトブラシ
d0166598_17543881.jpg

しばらく使っていくと右のブラシのようにクリームが毛にのっかって色が染まってくるものです。そこで本日は「このようなブラシのお手入れが必要か?」といったお話をしたいと思います。



実はペネトレイトブラシは水を使って洗うことは可能です。ですのであまりにも毛先がクリームの蝋分などで固くなってしまった場合は洗ってあげてください。

しかし毛先が固くなっていないのであれば、ブラシは洗わずにそのままにしておくことがおススメです。




実はこの使い込んだ状態のペネトレイトブラシはなかなか便利なケアアイテムです!

たとえば下のように色が抜けてしまった靴…
d0166598_17595917.jpg

①使い込んだペネトレイトブラシで(何もつけずに)ゴシゴシと靴の表面をこする。
②全体をプロホワイトブラシでブラッシングして空ぶき。
という手順でお手入れすると…
d0166598_1844570.jpg

このようにしっかりと色が入ります!

もちろんクリームをつけて①の作業を行ってもOKですが、使い込んだペネトレイトブラシをそのまま使うことでクリームを余分につける心配がありませんし、革にいきなり大量のクリームが入ってシミになるといったリスクも回避できます。



つまり…ブラシのお手入れは「毛先が固くなっていなければあまり必要はない!」というのが私なりの答えです。

是非このような使い込んだブラシも大切にしてあげてくださいね。



ペネトレイトブラシ ¥420(税込)
by ikeseirandd | 2010-07-16 18:14

靴/ブーツ(メンズ・レディス)・バッグ・鞄・革製品のお手入れ&修理工房 スタッフブログ 池袋西武5F紳士靴売場内


by ikeseirandd